女性の味方のアイピルに感謝!もしもの時でも慌てない

アイピルの効果

妊娠を望んでないもしくは望まない場合、妊娠に不安な気持ちを抱いたときはありませんか?
そんなときの緊急避妊薬として、登場したアイピル。

アイピルとは、フランスのLABORATOIRE HRA PHARMA社で開発・製造された、主な有効成分、レボノルゲストレルという受精と着床を抑える、妊娠を回避できる効果効能が特徴です。
アイピルは、緊急避妊ピルやモーニングアフターピルとも言われています。
アイピルを服用すると、体内のホルモンのバランスを意図的に乱し、子宮内膜を剥がす作用をします。
受精・着床の可能性のある場合、ホルモンは安定しないのバランスに乱れた状態にすれば、妊娠する可能性が低くなります。
アイピルの効果を上げるには、できるだけ早く服用するほど高くなり、性行為の24時間以内では95%、72時間では75%の効果が期待できます。このことから、モーニングアフターピルと言われるようになりました。性行為後72時間以内1回のみ服用するタイプと72時間後に1回12時間後に再度服用するタイプの2種類あります。
また、性行為後の妊娠を回避することが可能なため、もしも…というトラブルの時にはとても便利な避妊薬です。
しかし、妊娠を望まないため、毎回服用する用法はお勧めできません。ホルモンのバランスを一時的に乱すため、連日服用する場合、身体への負担が大変大きいため、常用するには不向きの避妊薬です。
よく報告されている副作用は、頭痛や吐き気、下腹部の痛み、胸部の違和感や痛みなど一時的にホルモンのバランスの乱れが原因ですので、通常1~2日の短時間で治まりますが、症状が続く場合には、専門の医療機関や医師の診察を受けることが大切です。
アイピルの服用には、他にも注意があります。妊娠もしくは妊娠の可能性がある場合、授乳中の場合、心血管系・血圧に障害のある場合、肝機能に障害のある場合には服用がお勧めできません。
アイピルは、緊急避妊薬ですが、妊娠中絶薬ではありませんので、すでに妊娠している場合には、服用できません。注意が必要です。
もし緊急時に服用するのが心配と言う女性の場合には低用量ピルをオススメします。低用量ピルのマーベロンなどは体への負担も軽く副作用もそれほど心配いりません。
毎日決まった錠数を服用することで排卵を抑制し、妊娠を防ぐ仕組みです。飲み忘れなどの場合には効果がなくなってしまいますので必ず定期的に服用することが大切です。

MENU

アイピルの効果